10代女の子「八重歯と前歯が出ているのを治したい」出っ歯の成長期治療をした症例

  • 10代女の子「八重歯と前歯が出ているのを治したい」出っ歯の成長期治療をした症例

治療前

治療後

写真① 小6  2020.7



写真➁ 拡大・前歯並替え装置

写真③小6 2021.3 拡大・前歯並替え終了、
ファンクショナルアプライアンス スタート(出っ歯を治す)







写真④中1 2021.10  出っ歯・口元改善

写真⑤ 中1  2022.12  ファンクショナルアプライアンス継続中

はじめのご相談 「八重歯と前歯が出ているのを治したい」とご相談いただきました。
カウンセリング・診断結果 診察したところ、上顎骨および上顎前歯が出ているタイプの出っ歯・過蓋咬合(噛み合わせが深い状態)、上顎前歯に凸凹がある状態でした。
また、口元は突出しているため、閉じない状態でした。

上唇小帯(上前歯の歯茎にあるヒダ)の肥厚(厚い状態)があるものの、正中離開(上の中央の歯と歯の間に隙間がある状態)はありませんでした。

行ったご提案・診断内容 治療開始時期と治療方法について、患者様の状態から以下のようにご提案しました。

初診時患者様は小6で、生え変わりで乳歯が3本しか残っておらず成長後期と考えられました。
成長を利用した出っ歯の改善は難しく思えましたが、診断の結果、その他の成長指標に成長期からの治療の可能性があったため、「成長期からの治療」と「咬合(かみ合わせ)治療」のみの2パターンの治療方法をご提案しました。

<成長期治療から進める治療の場合(成長時期にお口の環境を整える治療)>
・QHとBH:上顎・下顎の拡大を目的に、歯の裏側につける固定式装置です。歯列の形を修正し、永久歯が入るスペースを作ります。(写真➁)
・ブラケット:ワイヤーを装着し、上下の前歯4本をきれいに並べます。(写真➁)
・ファンクショナルアプライアンス:上顎が前に出ないように抑え、上顎前歯の後方移動と下顎骨の成長促進効果で出っ歯を治す装置です(写真③)
・MFT:舌や口唇などが正しい動きやポジショニングで機能し、鼻で呼吸できるようにする練習です。毎日おうちで練習を続けて習慣づけていただきます。出っ歯の悪化予防ができます。
・出っ歯、口元の改善まで進めば、咬合治療は非抜歯治療で進めることができます。口元の突出感が気になる場合は抜歯治療を検討します。

<咬合治療のみ行う場合>
・出っ歯、凸凹、口元の改善を行うために抜歯治療を行います。
・QH・BH・ブラケット・顎間ゴム(かみ合わせや顎のずれを整えながら目標とする歯並びへ近づける装置)
・MFT

上記を検討した結果、患者様は成長期治療からの治療をご希望されました。

治療期間 7か月
詳細:小6から治療開始(成長期治療の動的治療期間)、その後ファンクショナルアプライアンスを使用(写真➁~)し、現在に至ります。
おおよその費用 成長期治療:¥462,000
術後の経過や現在の様子 術後の経過は良好です。(写真④・⑤)
出っ歯・叢生・口元の改善まで進んだので、今後の咬合治療は非抜歯治療で行う予定です。
治療のリスクについて ・凸凹(でこぼこ)や口元の突出が残る場合は、抜歯治療へ移行します。

・矯正治療に伴うリスクとして、歯ブラシ不足による虫歯・歯周病、装置による違和感・痛み、口内炎、話しにくい・食べにくい、歯肉退縮、歯髄壊死、歯根吸収、顎関節症の悪化などがあります。