10歳男の子「口が閉じにくく、上の歯が出ているのを治したい」出っ歯と深い咬み合わせを、成長に合わせた矯正装置と咬み合わせの治療であるモノブロック装置を使用し、トレーニング(MFT)を合わせて行い改善した症例

  • ホーム
  • 症例
  • 10歳男の子「口が閉じにくく、上の歯が出ているのを治したい」出っ歯と深い咬み合わせを、成長に合わせた矯正装置と咬み合わせの治療であるモノブロック装置を使用し、トレーニング(MFT)を合わせて行い改善した症例

治療前

治療後

①小4 スタート

②小5 歯が並ぶ顎の形(アーチ)の修正と過蓋咬合の改善まで終了し、出っ歯を治す機能的顎矯正装置へ移行

③小6 出っ歯が改善、咬合治療へ移行・咬合誘導装置先行

その他①QH・BH・前歯を並べる装置(治療で使用したものと同じタイプ)

その他②出っ歯を治す機能的顎矯正装置(治療で使用したものと同じタイプ)

その他③咬合誘導装置(基本的に就寝時使用)

はじめのご相談 「口が閉じにくく、上の歯が出ているのを治したい」とご相談をいただきました。
カウンセリング・診断結果 診察とレントゲンの結果、下顎の骨が下がることにより前歯が突き出しているタイプの出っ歯でした。

また、下の歯並びが全体的に後ろに下がっていて歯の大きさに対して顎のスペースが狭い「V字歯列(V-shaped arch)」と、上の前歯が下の前歯を半分以上隠している「過蓋咬合(かがいこうごう)」でした。

そのため、口元が前に突き出ている、口が閉じにくい「口唇閉鎖不全」、舌のポジションが悪い「低位舌」という症状が出ていました。

行ったご提案・診断内容 「成長期からの治療」と「咬合(咬み合わせ)治療」をご提案しました。

成長期治療(成長時期にお口の環境を整える治療)
・QH:上顎の歯の裏側につける装置で、歯並びを修正し、永久歯が入るスペースを作ります。
・BH:下顎の歯の裏側につける装置で、歯並びを修正し、永久歯が入るスペースを作ります。
・ブラケット:ワイヤーを装着し、上下の前歯4本をきれいに並べます。
・トイシャー:上顎の骨と歯が前方に成長するのを抑え、下顎を前に成長するよう促して出っ歯を治す機能的顎矯正装置です。
・MFT:舌や唇などが正しい動きやポジショニングで機能し、鼻で呼吸できるようにする練習です。毎日自宅で練習を続けて習慣づけていただきます。出っ歯の悪化予防ができます。

咬合治療
・経過観察あるいはモノブロック法(咬合誘導装置)へ移行します。

治療期間 成長期治療の動的治療期間:12ヶ月・小4~小5
機能的顎矯正装置(トイシャー):10ヶ月・小5~小6
咬合治療は、咬合誘導装置を先行:現在使用中です
おおよその費用 成長期治療:420,000円
咬合治療(モノブロック装置先行+マルチブラケット法):550,000円
術後の経過や現在の様子 成長期治療により、歯が並ぶ顎の形(アーチ)と深い咬み合わせが改善された後、トイシャーを使って出っ歯を改善できました。
経過は順調で、現在は永久歯の咬み合わせを良くするために咬合治療へ移行し、咬合誘導装置で治療を継続中です。
治療のリスクについて 凸凹(でこぼこ)や口元の突出が残る場合は、抜歯治療へ移行します。また、矯正治療に伴い、以下の症状が出る場合があります。
・歯ブラシ不足による虫歯・歯周病の発生
・装置による違和感・痛み
・口内炎
・話しにくい・食べにくい
・歯肉退縮(歯肉がすり減り歯の根が露出すること)
・歯髄壊死(歯の根が死んでしまうこと)
・歯根吸収(歯の根が吸収され短くなること)
・顎関節症の悪化