院長ご挨拶

院長紹介

松澤稔彦(まつざわとしひこ)

松澤稔彦 (まつざわとしひこ)

東京歯科大を卒業後、平成13年度に小児歯科、矯正歯科を中心に開業。

生年月日
1965年8月27日生まれ
1990年
東京歯科大学卒業 東京歯科大学歯科矯正学講座勤務
1992年
東京歯科大学矯正学講座助手
1993年
矯正歯科専門医院勤務
1997年
一般歯科医院勤務
2001年
とし歯科クリニック開院 日本矯正学会認定医

ご挨拶

確かな技術と心通いあうコミュニケーション、アットホームな雰囲気で 地域のみなさまの笑顔あふれる暮らしをサポートします。

とし歯科クリニックのポリシー

こんにちは、とし歯科クリニック 院長の松澤稔彦です。専門は矯正で特に子供の矯正『小児矯正』に力を入れています。

矯正治療が必要かも?と考える時には「きっかけ」があります。見た目の歯並びがあきらかに悪い、乳歯なのに隙間なく生えている、出っ歯になっている、受け口になっている、親御さんご自身の歯並びが悪い、または矯正治療を経験している、それ以外では学校の検診で不正咬合を指摘されたなど様々な理由からお子さまの歯並びについて考える「きっかけ」になります。ご自身に経験がなければ、また知識や情報がなければ不安になるのではないでしょうか。

そういったことからまずはカウンセリングを受けていただき、小児矯正がどのような治療をするのかを知っていただくことが大切です。

矯正治療が必要なお子様には治療を始める最適な時期があります。少しでも不安で迷われたら、すぐにご相談いただくことをお勧めします。

私もこれまで*矯正認定医として、多くの症例に携わってきました。(*日本矯正学会が定める条件をクリアし認定された資格を持つ歯科医師のこと)

小さい子は3歳から診ていますが、子供達が成長とともに歯並び、顔立ちがきれいになり明るい笑顔を見せてくれると大変嬉しく誇らしく思います。矯正治療は長期にわたる治療です。口の中で装置を使ったり、装置を付けたりするため、歯のお手入れを怠ると虫歯や歯肉炎になったりします。また成長過程で起こる口腔周囲の悪い癖も不正咬合を悪化させる原因になりますので、これらのさまざまな問題も随時チェックし修正していきます。小児歯科も併設しており、矯正治療をしながらお口全体の管理・予防を行っていきます。

大切なお子様の健康と明るい未来、安心しておまかせください。